江田島市、広島県の 空地の有効活用と太陽光発電

江田島市、広島県の 空地の有効活用と太陽光発電

広島県の 空地の有効活用と太陽光発電

有末麻祐子のツイッターチェックしてました。 さて、 太陽光発電 。デメリットを(庄原市、安芸高田市、北広島町)に限った話とは限りません。

耐用年数なんかもチェックしましょう。

よし質問のですね。

さらに詳しく説明します。「空地の有効活用と太陽光発電」です。

太陽光発電をで考えるとあ、トークはいいですね。

広島県の、そろそろ太陽光発電システムの導入を検討するタイミングかもしれませんね。

日本の、原発の事故から、太陽光発電システムって考える人が増えてきました。

平成24年度に再生可能エネルギー固定買取制度が施工されました。

これは太陽光などの発電により作った電気を一定額ですべて電力会社が買い取る制度です。

つまり、空地として何も利用していなかった土地に太陽光を設置すれば、それだけで利益を生むことになるのです。

前提として、初期の設備投資が必要です。

そのための補助金制度もあって驚きです。

補助金は年間の予算枠と期限がありますから、早めに導入することがいいと考えている人が多いのです。

施工業者も。います。

中には十分な知識を持たずに施工業者として、営業活動をしているところもありますから、あなたが空地を持っており、太陽光設置の案内を受けた時には十分注意しておくことが大切です。

固定買取は20年間続きます。

太陽光も20年間は稼働してもらわなければならないのです。

しっかりと施工されていれば、20年間の稼働は問題ないです。

不測の事態に備えてのメーカー保証も20年となっています。

20年間の収入が保証されることは、大きな利点です。

空地だけではないのです。住宅の屋根、ビルの屋上など太陽電池を設置できる場所は 発見したのです。代表的なのを列挙しときます。

今まで駐車場だったところが急に太陽光発電設備になっているのを見たことがあるでしょうか。

前提として、空地と言ってもある程度の条件が発見しました。

南向きの日当たりのよいことが条件です。

街中の空地なら、この条件を満足できないはずはない。

あなたの土地も有効活用しませんか。

土地は持っているだけで固定資産税を払わなければなりません。

関連記事

  1. 府中町、広島県の 初めての太陽光発電と補助金
  2. 東広島市、広島県の 太陽光発電の問題
  3. 坂町、広島県の 太陽光発電補助金の情報
  4. 広島市南区、広島県の 太陽光発電とは
  5. 広島市安佐南区、広島県の 企業と太陽光発電
  6. 大竹市、広島県の 東京都の太陽光発電補助金
  7. 世羅町、広島県の 太陽光発電の評判
  8. 広島市中区、広島県の 太陽光発電の設置金額
  9. 福山市、広島県の 太陽光発電と補助金
  10. 安芸太田町、広島県の 京セラの太陽光発電